一般社団法人 論語教育普及機構について

  1. ホーム
  2. 論語教育普及機構について

ご挨拶

心の教育、人間教育、道徳教育の必要性を語る声はますます高まっています。
2018 年度には小学校、2019 年度には中学校で「特別な教科」として「道徳科」が始まります。
歓迎の一方、教師の指導力や教員養成への不安も表面化してきました。

”誰が教えるのか... そのスキルはどこで得るのか...”

その急務に対するひとつの答えとして、およそ2500年もの長い間、世界中の人々に読み継がれてきた『論語』に注目。
特に日本では、『論語』に書かれた思いやりの心、ルールやマナーの意味、孝行、 正義など人としての心と行動の在り方が、「しつけ」「道徳」として教え継がれてきた古典です。『論語』は不変の人間教科書と考えます。

2011年 論語教育普及機構として論語教育の事業を開始。
オリジナルのメソッドを開発し、主に児童を対象にした塾やワークショップ、出版などを行い、また指導する人材を育成するため論語指導士養成講座を開設しました。

この活動をさらに推進するため、平成30年6月一般社団法人 論語教育普及機構を設立しました。

活動の目的

論語教育の普及を目的とし、児童から年長者の方々に対し、幅広い活動をしてまいります。

これまでの活動(一部抜粋)

加地伸行先生講演会及び懇親会

(2018年5月27日 開催)

東大教室 小島毅教授の「はじめて論語」

(2018年01月25日 開催)

加地伸行先生、小島毅先生講演会及び懇親会

(2017年05月28日 開催)

小島毅教授の論語ワークショップ

(2016年06月19日 開催)

活動内容

  • 論語指導士養成講座及び論語指導士の認定
  • 論語塾、論語ワークショップ、講演会などの開催
  • 論語教育に関わる情報提供及び出版など

機構概要

商号 一般社団法人 論語教育普及機構
設立 平成30年6月1日
代表理事 加地 伸行(かじ のぶゆき)
文学博士、大阪大学名誉教授、立命館大学白川静東洋文字文化研究所研究顧問、 日本論語教育学会代表
理事 中曽根 高志
協力 小島 毅(こじま つよし)
東京大学教授、中国思想文化学研究室/次世代人文学開発センター
前田 菱紀(まえだ りょうき)
小笠原流惣領家礼法総師範